ヘルプカード ぴ〜すけ
ヘルプカード「ぴ〜すけ」とは
弱者救済支援システムのご説明
ぴ〜すけの意義
ぴ〜すけの利用者について
ぴ〜すけが目指すものは
活用場面
基本的な使い方
基本仕様の大きな二つの特徴
応援寄付型自動販売機設置のお願い
広告塔ラッピング自動販売機
お申し込みについて
登録するために要する費用
OEMカード作成について
お申し込み先
「ぴ〜すけ」ネーミングの由来
ぴ〜すけ誕生の由来は
キャラクターはなぜ子豚なの?
プライバシーポリシー
ご質問・ご意見・資料請求
ぴ〜すけ登録用紙ダウンロードPDFファイル






ヘルプカードぴ〜すけとは・・・
1「私を助けてください!」と周囲の人に伝える弱者救済支援システムです。

ヘルプカード ぴ〜すけぴ〜すけは、「手助けが必要な人」と「手助けができる人」を結ぶ弱者救済支援システム、通称ヘルプカードです。

障がいのある人には、自分から「困った!助けてください。」と伝えられない人がたくさんいます。「手助けが必要なのに、話すことができないために、周囲の人に助けてくださいと伝えられない人」、「困っていることそのものを自覚していない人」もいます。特に災害時にはそのように困っている人が大変多くなります。

一方、地域の人からは、事故や災害があったとき、あるいは交通事故など何かあったとき、「どう手助けしたらよいか、わからない」「障がいのことがわからない」また、「困っているのでは、助けて欲しいのでは?!と気にはなるけれど、どうすればよいかわからない」などの声をよく耳にします。
その両方の声を解決したのが「ぴ〜すけ」なのです。

2ぴ〜すけの意義

「ぴ〜すけ」を常に携えることにより、次のようなことが期待できます。

(1)本人にとっての安心
「何かあったとき、周囲の人が味方になって理解し、手助けしてもらえる」。
それは、障がいのある人にとって、何よりの安心です。

(2)家族や支援者にとっての安心
「何かあったらどうしよう!」。緊急連絡先や本人の手助けに必要な情報を、本人が携えていることは、家族や手助けをする人の不安を和らげます。

(3)情報とコミュニケーションをサポート
緊急時に必要となる情報をあらかじめ登録し、携えておくことができます。
さらに、手助けしてくれる人と情報を共有し、互いのコミュニケーションの切っ掛けとなります。

(4)障がいに対する理解の促進
「ぴ〜すけ」は、幅広く知れわたることで初めて機能します。そのためには積極的なPRが必要となります。それによって、「ぴ〜すけ」を必要としている人の存在や障がいへの理解を広めることができます。
その一つの手段として、ぴ〜すけのキャラクターをラッピングした自動販売機を幅広く全設置することで、たくさんの人に効果的にPRすることができます。

3「ぴ〜すけ」の使い方

障害のある人や高齢者が常に持ち歩くことにより、災害時や事故、そして緊急時など、周囲の人に手助けを求めたい時などに「ぴ〜すけ」を使い、手助けを求めることができます。
また、「ぴ〜すけ」は、障がい者や高齢者のみならず、いつ事故に遭遇するかもしれない健常者が常日ごとから携帯しておくことは、より望ましいことです。

4ぴ〜すけは、つながりのある地域づくりを目指す

「ぴ〜すけ」が想定している手助けは、誰でもができるものです。生活の中で障がいの特性と初歩的な対応を広く理解してもらうことを通じて、つながりのある地域づくりが可能になります。そのためにも、「ぴ〜すけ」を積極的に活用していくことと、活用される場面に求められる対応を広く普及していくことがとても大切になります。

5「ぴ〜すけ」の活用場面

☆災害のとき
・地震、津波、台風、洪水など災害や事故が発生したとき
・災害に伴う避難が必要となったとき

☆緊急のとき
・道に迷ってしまったとき
・パニックや発作、病気などの時
・交通事故などにあったとき

☆日常的に
・ちょっとした手助けが欲しいとき
・見守りが必要なとき
ぴ〜すけ Project